恋愛

「ISTJはモテない」はほんと?性格的特徴から分析

 

人々の間でよく聞かれる言説、それは「ISTJはモテない」というものです。でも、本当にそうなのでしょうか?

 

ISTJの人たちは、どんな特徴を持ち、どんな人間関係を築くのでしょうか?今回の記事では、心理学的視点からISTJの性格的特徴を詳しく分析し、その魅力や恋愛における振る舞いを探求していきましょう。

 

ISTJとは何か?

 

まずはISTJという性格タイプが何を意味するのか、その定義を理解してみましょう。ISTJは「内向的」、「観察的」、「思考型」、「判断型」の頭文字をとったもので、マイヤーズ=ブリッグスタイプ指標(MBTI)による16種類の性格タイプの一つです。

 

 内向的な特徴

 

内向的なISTJは、他人と交流するよりも独りでいることを好む傾向があります。

 

大勢の中にいるとエネルギーを消耗しやすく、一人の時間を必要とすることでエネルギーを回復します。そのため、初対面の人々に対しては控えめで、親しい人々に対しても独立心が強いです。

 

観察的な特徴

 

観察的なISTJは、事実や詳細に基づいた情報を重視します。

 

抽象的なアイデアや仮定よりも、具体的な実証に基づいて行動を選択する傾向があります。彼らは情報を客観的に分析する能力があり、一般的には堅実で信頼性があります。

 

思考型と判断型の特徴

 

思考型と判断型の性格を持つISTJは、論理的で公平に物事を考え、予定通りに進めることを好みます。

 

感情よりも理性を優先し、計画性が高く行動します。そのため、しっかりとしたスケジュールを作り、それに従うことを好むでしょう。

 

ISTJの魅力

 

さて、ISTJの基本的な性格特徴を理解したところで、彼らがどのような魅力を持つのかを探ってみましょう。

 

信頼性と責任感

 

ISTJは非常に信頼性が高く、責任感も強いと評価されます。言葉通りに約束を守り、計画を立て、その計画通りに行動することを好むからです。

 

そのため、ISTJの人たちはしっかりとしたパートナーとなり得ます。約束を守ること、物事を最後までやり遂げることで、ISTJは他人からの信頼を勝ち取るのです。

 

実直さと謙虚さ

 

また、ISTJの人たちは実直で謙虚な性格を持っています。

 

自己主張を強く出すことが苦手なISTJは、聞き上手であり、また自分の意見を述べる際も論理的で公平になるよう心掛けます。

 

この実直さと謙虚さが、人間関係の中での信頼感を深める要素となります。

 

ISTJの恋愛における振る舞い

 

では、恋愛におけるISTJはどのような振る舞いをするのでしょうか。まず、ISTJの恋愛観は現実的で、感情よりも論理を重視します。

 

真剣な恋愛観

 

ISTJの人たちは真剣な恋愛観を持っています。

 

一時的な遊びや恋愛ゲームは好まず、真剣な関係を築くことを望みます。ISTJは一度恋愛関係に入ると、非常に誠実で、パートナーに対しては深い尊敬とリスペクトを持って接します。

 

しかし、その真剣さゆえに、恋愛に踏み出すまでに時間がかかることもあります。

 

恋愛におけるコミュニケーション

 

ISTJの人たちは、恋愛においても自分の感情を直接的に表現するのが苦手なことが多いです。

 

そのため、パートナーに対して愛情を示す方法は、言葉よりも行動に現れることが多いです。恋愛関係においても、ISTJは信頼できるパートナーとなり、自分たちが約束したことをしっかりと果たします。

 

まとめ:「ISTJはモテない」は本当か?

 

結論として、「ISTJはモテない」という一般化は必ずしも正しくありません。

 

ISTJは信頼性や責任感があり、真剣な恋愛観を持つ一方で、自己主張が苦手で感情表現も控えめです。

 

したがって、パートナーに対する愛情表現の仕方は、ISTJの人たちがどれほど他人から理解されているかに大きく影響します。

 

要点をまとめると以下の通りです

  • ISTJは内向的で観察的な性格で、物事を論理的に考え、予定通りに行動する傾向があります。
  • ISTJは信頼性が高く、責任感が強く、約束を守り、物事を最後までやり遂げる傾向があります。
  • ISTJは真剣な恋愛観を持ち、恋愛関係では誠実で信頼できるパートナーとなります。
  • ISTJは自己主張が苦手で、感情表現も控えめです。したがって、パートナーとのコミュニケーションでは、愛情表現の仕方が大きな鍵となります。

 

そして何よりも、個々のISTJが「モテる」か「モテない」かは、その人自身の性格、行動、価値観などによるところが大きいのです。

-恋愛